• oceanaloha

平成最後のVoyaging 新島-弓ヶ浜

今年は10連休ということ!これはすごい!

きっとこれだけ休みがあれば、お天気に左右されるといっても、どこかで八丈島まで渡れるでしょう。。。。なんて考えておりました。しかし、 そんなのは勝手な人間都合の考えでありました。 今年のお天気は前半も後半も、雨こそふらないのだけど、風が方角定まらず吹く。 なかなか、島を離れ大海原へ出て行くことができない気象続き。 おまけに、例年と大きく違い、気温が急に低くなったりして寒い!😵


最初の予定通りには全くできないという状態。


しかし、八丈島へいけないのなら、何を目指すか。 そうです。3年も大浜を離れて、TSUNAGUのためにがんばってくれてたPilialohaを 母港である浜に戻す。ということになりました。


ここは新島ハラウ。新島合宿の際に使わせてもらっている場所です。

話題はお天気のこと。 それにしても、なんでこんなに寒いのだろうか。 今年のGW(^_^;) 寒いーーー。

男の料理。なんでもつくれるんだよね。

ここで、the day 〜導かれる日。というのを待ちます。 この天気だと、、ここで何泊待つことになるやら、、

先を急がず、先を期待せず、全てが、与えられるままに。。 なんでも受け入れます。

さっそく海の状態🙅‍♂️風が強くてむりだねー。 ということで、ハブシを走ることに。

独特のパワーを感じるハブシ海岸。 サーフィンで有名な新島でサーファーのみなさんに世界的にお馴染みな場所です。


太陽に向かってe ala e〜 e ala e ☀️ 新島に来て、 今日もこうして朝という時間を与えたれた。 今日も昇る太陽に向き合うとき、、 自然にまっすぐに向き合うとき、、 心を空にできるだろうか、、。

陸の上での日頃の悩みなんかあると なかなか、まっすぐ向き合いピュアに e ala e を唱えられない。


太陽は毎朝のぼる、、 自然のリズムは止まったり終わったりする事がない。 自からを浄化するように、陽は沈みまたのぼる。

私たちも自然とともに生きるカヌーピープルとして 海に向き合う時は、心を空に、、 自然の一部でありたいと思います。 毎朝のありがたい、、 e ala e...

Everyday Is A Brand New Day


正面には三宅島と御蔵島。✨ 2017年9月三宅島から新島まで6人で漕ぎました。 それがきっかけで、ピリアロハはこの新島にとどまることになりました。